体型に合ったパーティードレスの選び方

パーティードレスを着用する機会と言えば、一般的には結婚式の披露宴などになります。ただ、このパーティードレスを着る際には多くの女性が悩みを持ちます。例えば二の腕の太さであったりヒップやバストの大きさ、くびれの問題や身長なども悩みの種になっています。なおこのような問題を解決する為に、オーダーメイドでパーティードレスを作る方もいらっしゃいますが、完成までの期間や必要になる費用などを考えるとあまり現実的な解決策とは言えません。また体型は変化するものなので、一生着用できると言う保証もありません。なのでこのような場合は既製品を上手く工夫して着用し、できる限りお金をかけないようにすると共に体型を上手にカバーする事が重要なポイントになると言えます。

上半身の体型から選ぶポイントとは

上半身の体型の悩みと言えば、二の腕の太さに関する悩みが多くなります。特にパーティードレスは腕が出ているデザインが多くなりますので、最も気になる部分になります。ただ、二の腕の隠そうとして厚手の生地を選んだりボリューム感のあるパフスリーブなどを選ぶ事は逆効果になります。このような場合は、思い切ってスリップドレスなどで出してしまう方がスッキリして見えます。人は基本的に目立つ部分に目が行ってしまいますので、隠そうとして逆に注目を集めるよりは一切隠さない方が目立たなくなります。そして、これはバストの問題にも同じことが言えます。例えば胸元にはウェイトを置かずに、腰より下に目立つ部分を作る事で上半身から下半身へと注目されるポイントを移す事が可能になります。

下半身に関する悩みの解決策とは

次に下半身の体型に関してですが、こちらの場合はヒップが大きなポイントになります。基本的にパーティードレスはウエストが絞ってあったりタイトなデザインになっていますので、ヒップの大きな方は着用しにくくなっています。なので、そのような方にはハイウエストのドレスが適していると言えます。例えばギャザーの切り返しがあるハイウエストのドレスはヒップにかけて広がるようなデザインになっていますので、大きさを隠してくれますし体型自体もある程度カバーしてくれます。次にお腹に関してですが、この場合はドレープをあしらったローウエストのドレスが良いと言えます。ただしゆったりした余裕のあるデザインを選んでしまうと、余計にだぶついた印象になってしまうので逆効果になってしまいます。